一幕
 
(下校中の四人。空は青く、大きな入道雲が居座っている。)
 
ふぅ      「雲はいいなぁ。」
みつ      「はい、出た。」
よう      「頂きました。」
ひぃ      「いつものやつな。」
ふぅ      「だって、雲はいいでしょ。」
みつ      「雲になりたいの?」
ふぅ      「雲になりたいよ。」
よう      「じゃあ、なれよ。」
ふぅ      「なれないでしょー。」
よう      「なれねーのかよ。」
ふぅ      「なれないから憧れるんでしょー。
                  なれたら憧れないし。」
みつ      「なにそれ。」
ふぅ      「自分とは遠いから憧れるんでしょ。」
ひぃ      「そーなー。なれるならなってるもんなー。」
ふぅ      「憧れてるうちは無意識に無理だと知ってるってこと
                 なんだよ。ばあちゃん、いってたもん。」
3人    「・・・。」
よう       「えっ、じゃあ何。俺、会社員になれないの。」
ふぅ       「えっ。そんなのに憧れてたの?」
みつ       「じゃあ、俺は医者になれないのか・・・。」
ふぅ       「みつはいつも高め狙うよねぇ。」
よう       「ひぃは何になりてーの?」
ひぃ       「言わないよ?」
よう       「言ってよ。」
ひぃ       「言わない。」
よう       「あめ一個。」
ひぃ       「足りない。」
よう       「グミ一袋。」
ひぃ       「少ない。」
よう       「ジュース一年分。」
ひぃ       「言ったな?おまえ。言ったな?」
よう       「なに信じてんのー。ばかじゃんー。」
ひぃ       「お前が俺に憧れるようになるまで叩いてやろうか。」
よう       「うわー!夏の悪魔がおそってくるよぅ。こわいよぅ。」
みつ       「お前ら暑苦しいから動きまわらないでくれ。」
ひぃ       「そんな黒いベストなんか着てるからあっついんだよ。」
よう       「女子じゃあるまいし、脱げよメガネ。」
みつ       「あ?メガネで太陽光を集めてお前のめんたまにぶつけて
                  やろうか。」
よう       「できんの?」
みつ       「・・・。」
よう       「うそつきグラッシーズ。」
みつ       「滅する!」
ひぃ       「お前が暴れてどーすんだよ・・・。」
よう       「あれ?」
みつ       「どした?」
よう       「ふぅがいない。」
ひぃ       「ほんとだ。」
よう       「ふぅー!」
みつ       「おーい。」
ふぅ       「はーい。」
ひぃ       「えっ。」
よう       「うっわ、あんなとこにいるわ。」
みつ       「土手の下までいつの間に移動したの。なんなの。」
よう       「すげーわ。夏の幻だわ。」
 
(土手の下まで向かう3人。草が生い茂る中に小さな段ボール箱。)
 
ひぃ       「なにやってんの。ふぅ。」
ふぅ       「いや、これ。」
よう       「ねこかー。」
ふぅ       「ねこだなー。」
みつ       「なんだ?捨て猫か?」
ひぃ       「そうみたいだな。」
よう       「捨て猫にメガネ・・・?」
ひぃ       「あぁ、そうみたいだな・・・。」
よう       「おかしくね。」
ふぅ       「いいじゃん!かわいいし!」
よう       「かわいいけど。さ・・・。なぁ?」
みつ       「あ、あぁ。」
ひぃ       「なんか、すっごいふてぶてしいな・・・。」
よう       「それに・・・めっちゃにらんでね?」
みつ       「こわー。」
ふぅ       「よしよし!ねこちゃん!いえーい!」
ひぃ       「たのしそうにまぁ。」
ふぅ       「いえーい!いえーい!いえ・・・」
みつ       「あ、倒れた。」
よう       「えっ!?」
ひぃ       「だいじょうぶか!」
よう       「おい、しっかりしろ。」
ひぃ       「気失ってる・・・。」
みつ       「なんだなんだ熱射病か?」
猫           「・・・うるさいやつらじゃな。」
よう       「・・・じゃな?」
みつ       「ごめんな、そんなうるさかったか?」
よう       「え、そんなに真摯に受け止めるの?」
みつ       「だって、口調まで変えて言うなんてよっぽどだろ。」
よう       「じゃあ、口調を変えたらお前は何でも言うこと聞くのかよ。」
みつ       「やってみ?」
よう       「ねぇーん、あたいお金欲しいわーん。」
みつ       「・・・どうした急に。」
よう       「おう、お前ほらかかってこいよ。おい、こら。」
みつ       「やめよう。お前の残機が減るだけだ。」
よう       「いつから俺はゲームの世界を生きてたんだ。」
猫           「だから、うるさいと言っておるじゃろ。いつになったらお前らは静かになるんじゃ。」
よう       「ほら。怒られたじゃん。」
みつ       「お前のせいだろ。」
よう       「は?元はと言えばお前がおかしなこと言うから。」
ひぃ       「はいはい、ほら仲直りー。お前ら、また怒られっから。ごめんな。うるさかったよな。」
猫           「まったくじゃ。騒々しいやつらだ。」
ひぃ       「まぁそう言うなよ。俺らの仲じゃないか。」
猫           「ふん、お前さんらとはたった今会ったばかりじゃて。」
ひぃ       「・・・おい、本当に頭でも打ったのか。」
猫           「もうちょい下じゃ。下に目を向けい。」
よう       「・・・は?」
猫           「そう、ワシじゃ。しゃべっているのはワシ。ちっとばかしこの小僧の口を借りてはおるがの。」
ひぃ       「・・・頭打ったのは俺か?」
よう       「いや、俺も打ったみたいだ。」
みつ       「お前らもか。奇遇だな。」
猫           「打ったところで音もならない脳味噌のくせに何を言っておる。現実を受け止めよ。」
みつ       「そんなこと言われたって・・・」
猫           「ふむ。まあ、そんなに早く順応できるとも思ってないわい。ワシはそうじゃな、化け猫じゃ。」
よう       「化け猫?」
猫           「化物界ではまだまだひよっこじゃが、ようやくこうしてしゃべれるようになった。
                まあ、こうして出会えたのも何かの縁じゃて。ひとつ頼まれごとを引き受けてくれんかの。」
みつ       「強引な猫だな。」
よう       「ごーいんぐまいうえぇいだな。」
猫           「引き受けなければ、呪い殺す。」
三人       「・・・。」
ひぃ       「とりあえず、要件を聞こうか。」
猫           「ほほほ、頼みたいことはこれじゃ。ワシの横に立てかけてあるじゃろ。」
ひぃ       「コルクボードか?」
猫           「そう。そこに貼られている四枚の写真の謎を解いてほしい。」
よう       「写真の謎?」
猫           「うむ。」
みつ       「どんな写真かってことか?」
猫           「そうじゃ。四枚の風景写真、これは誰の手によって撮られたのか。どこで撮られたのか。それを探ってほしいのじゃ。」
よう       「は?そんなの無理に決まってるだろ。」
猫           「ヒントならいくつかある。」
みつ       「え?」
猫           「右上の写真を見よ。」
ひぃ       「右上・・・、これか?この野っぱらみたいなやつか?」
猫           「うむ。それは紛れもなくこの場所。今ここに立つこの場所じゃ。」
よう       「えっ!」
猫           「ほら、対岸を見よ。銭湯の鉄塔があるじゃろ。」
みつ       「ほんとだ・・・。」
よう       「こんなに古い写真なのに、良くもまぁ・・・。」
猫           「つまり、この四枚の写真はこの街で撮られたようなのじゃ。」
みつ       「でも、こうも古くなってちゃ俺らじゃわかんないぜ?」
猫           「それについては大丈夫じゃ。それが第二のヒント、ワシはおぼろげに
                この四カ所に行ったことがあるような気がするのじゃ。」
よう       「じゃあ、自分で行けよ。」
猫           「それがもうワシはあまり長い距離を動ける体では無いのじゃ。それに時もだいぶ経つでな。
               地理もわからんのよ。どうじゃ、このワシを助けてくれないかのぅ。」
みつ       「そんな急に言われたって・・・」
猫           「まぁそうじゃな。」
ひぃ       「なんでこの四枚の写真の謎を知りたいんだ?」
猫           「・・・ワシはワシであることに気付いた時からこの写真を持っていた。いや、このコルクボードを持っていたんじゃ。
                なぜ持っていたのか。それを知るためには、まずこの写真が何なのかを知らねばならぬ。そのためには、
                この四枚の場所を探すしかないと思い、ようやくたどり着いたのがここだったんじゃ。・・・うん?そうか。
               お前さんはわかってくれるか。」
ひぃ       「ふぅが何か言っているのか?」
猫           「ふふふ・・優しい子じゃの。」
ひぃ       「とりあえず、ふぅを元に戻してくれ。そして、少し考える時間をくれ。」
猫           「・・・いいじゃろう。」
ふぅ       「ふわ?」
よう       「あ、戻った。」
ひぃ       「ふぅ、だいじょうか?」
ふぅ       「う、うん。」
ひぃ       「よし、一度あの猫から離れよう。(ひそひそ)」
 
―そして作戦タイム。
 
よう       「どーするよ。」
みつ       「どーするったってねぇ・・・。」
よう       「本当に起きたことなのか?」
みつ       「なぁ。夢みたいだぜ。」
ひぃ       「ふぅ。本当に意識なかったのか?」
ふぅ       「うん・・・。でも、みんがながしゃべってるのは聞こえてた。」
みつ       「ふーん。」
よう       「お前演技したんじゃないのか?」
みつ       「いやそれはないだろ。コルクボードを猫自身が差し出しただろ。」
よう       「ふぅが調教してたとか!」
みつ       「こいつにそんなことできるかよ。」
よう       「ですよねー・・・。」
みつ       「コルクボードの写真の謎を追えったってねぇ。」
よう       「無理、無理。断ろうぜ。無理だよ。」
みつ       「でも、断ったら呪い殺されるんだぞ。」
よう       「そ、そんなの全然こ、こわくないし?」
みつ       「言うより明らかだな・・・。」
ふぅ       「・・・あの猫・・・すごく切ない気持ちでいっぱいだった。」
よう       「なんでわかんの。」
ふぅ       「ん、なんか猫の気持ち伝わってきた。」
みつ       「のっとっられてるとき?」
ふぅ       「そう。」
よう       「切ないって・・・。未練てやつ?」
ふぅ       「まぁ、未練もなきゃ化け猫なんかにゃならんだろ。」
みつ       「化け猫なんかにゃ。」
よう       「にゃ。」
みつ       「にゃらんにゃ。」
よう       「にゃらん。」
ふぅ       「・・・探してあげよーよ。」
よう       「えー。」
みつ       「言うと思ったよ。」
ふぅ       「猫かわいそうだよ!」
ひぃ       「うーん・・・」
みつ       「ヒマだし、いいんじゃない?」
ふぅ       「みつが言った!」
みつ       「なんだよ。」
よう       「めっずらしー。」
みつ       「いいじゃん。夏の予定なんか無いんだし。やろーよ。」
よう       「お前、昔っから動物ネタよわいもんな・・・。」
みつ       「は?」
よう       「だってほら、小さい頃ふぅの家で、おばあちゃんの猫の話聞いただけでボロボロと泣いちゃってさ。」
みつ       「おい、やめろ。」
よう       「ねこさん、かわいそーって。」
みつ       「だからやめろって!」
よう       「はっはっは。」
ひぃ       「まぁまぁ。とりあえず、やるだけやってみよう。出来なくても大丈夫だ。呪い殺されたりしない。」
よう       「なんでわかんだよ。」
ひぃ       「殺すくらいだったらとっくにふぅの身体を人質にしてるさ。」
みつ       「たしかに・・・。」
ひぃ       「ま、俺らのヒマつぶしがてらさ。それでいいか?ふぅ。」
ふぅ       「うん!」
みつ       「ひぃは、ふぅに弱いからな。」
よう       「ふぅにはあまあまだ。」
ひぃ       「まぁ、本心としてはなにより、断ったらふぅに呪われそうで怖い。」
みつ、よう「「大正解。」」
 
―作戦タイム終了。
 
猫           「決まったか?」
よう       「またふぅを乗っ取るんだ・・・。」
ひぃ       「あぁ、受けてやる。だが条件がある。」
猫           「なんじゃ?」
ひぃ       「失敗しても俺らは責任を負わない。そして、呪われるのは嫌だ。呪わないでくれ。」
みつ       「ストレートに、まぁ。」
猫           「うむ、いいじゃろ。」
よう       「快諾されてるし。」
猫           「あぁ、条件とやらならこちらにもある。」
ひぃ       「突然なんだ?無理なことは聞けないぞ。」
猫           「いや、なに。お前さんたちでは不安での。ワシも同行する。」
よう       「はぁ?」
猫           「いやなに、この段ボール箱じゃ雨風が防げんでの。数日の宿として住まわせてくれ。」
ひぃ       「そうか。いいだろう。みつ。お前の家な。」
みつ       「え、なんで!」
ひぃ       「おまえん家広いだろ。それに猫好きだろ。」
よう       「はい、けってーい。」
みつ       「えっえっ。」
ひぃ       「よしじゃあ、明日から開始する。 今日からみつの家に泊まってくれ。」
猫           「わかった。よろしく頼むぞ。眼鏡の小僧。」
ふぅ       「いえーい!きまりー!」
よう       「あ、もどった。」
みつ       「おい!待て!まだ許可してないぞ!お前聞こえてるんだろ!この!化け猫!」
よう       「やめろ、みつ。お前捨て猫にヒステリー起こしてる変人にしか見えないぞ。」
ふぅ       「みつー怒らない怒らない!ひぃ、いつから探し始める?」
ひぃ       「そうだな、とりあえず遊ぶ予定のある奴からだな。そういえば、明日みつとようは遊ぶんだったな。」
よう       「まじか・・・。」
ひぃ       「明日の約束は急きょ写真の謎捜索に変更だ、よろしく頼むぞ。じゃあ、俺はここで。またな。」
みつ       「まじかよ・・・ちくしょー。」
よう       「その時はまさかあんな凄惨な事件が起こるとは誰も知る余地は無かった・・・。」
みつ       「おい、変な煽り入れんな。俺らこっちだろ。行くぞ、・・・よし。」
ひぃ       「みつー!猫!忘れてるー!」
みつ       「くっそ!勢いに任せればふぅに押し付けられると思ったのに!」
よう       「あははは!残念でしたー!」
みつ       「・・・お前、夏の宿題、絶対に手伝わないからな。」
よう       「え。」
みつ       「しらない。」
よう       「ごめんなさい。」
みつ       「きらい。」
よう       「そんなー!!!」
 
ふぅ       「夏が始まった。猫が運んできたコルクボードを元に、僕らの夏が、始まった。ような気がした。猫の中のぬくもりはどこか温かくて、切なくて。思い出の匂いがした。僕が猫に懐かしさを感じたのはなぜだろうか。でも、そんなことより、高校に入って初めてみんなと楽しい夏を過ごせそうなことが、僕は何よりも幸せだった。」

1 / 5

Please reload